kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り

社寺仏閣巡りが好きです。特に神社が好きで関西を中心に回っています。

【鏡塚古墳】(かがみづかこふん)と 【心合寺山古墳】(しおんじやまこふん)


【鏡塚古墳】(かがみづかこふん)
標高一七メートル、俗に松山とか腹痛山という 墳丘の上部には粘土郭が残り、また火葬跡が二ヵ所発見され、石櫃の蓋の破片も出土している。 古噴時代の中期末の環濠式前方後円墳で、数年前に採土され、その跡に小神祠をまつる。入口のところに宝山神社の碑がある。 昭和三十四年四月大阪府から史跡として指定された。墳丘の上部には粘土槨が残り、また火葬跡が2カ所発見され、石櫃の蓋の破片が出土している。これもこの古墳の跡に、後にここで火葬が行われて、相ついで葬られたものである。周辺から出土した円筒埴輪や朝顔形埴輪、蓋埴輪から5世紀末頃の古墳と考えられる。


所在地:大阪府 八尾市大竹5丁目182
アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約26分/近鉄バス「楽音寺」から徒歩約3分






 
 


 【心合寺山古墳】(しおんじやまこふん)は、古墳時代中期につくられた前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)です。中河内では最大の全長160mの古墳で、当時この地域一体を治めていた王の墓と考えられます。 これまでの発掘調査によって、古墳は3段に土が盛られ、平らなところには円筒埴輪と呼ばれるつつ型の埴輪が立てられ、盛った土の斜めの所には、葺石(ふきいし)と呼ばれる石を置いていたことがわかりました。  また、後円部(こうえんぶ)と呼ばれる北側の丸い方の丘には、3つの埋葬施設(亡くなった人をいれる施設)があり、前方部(ぜんぽうぶ)と呼ばれる南側の四角い丘には、方形壇(ほうけいだん)と呼ばれる四角い台があり、後円部と前方部の間のくびれ部というところには、造り出し(つくりだし)と呼ばれる舞台のようなものもあります。



所在地 :大阪府大阪府八尾市大竹










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。