kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り

社寺仏閣巡りが好きです。特に神社が好きで関西を中心に廻っています。Instagram:https://www.instagram.com/kazuyoshi1000

【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)大阪市天王寺区

【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)大阪市天王寺区


祭神は、「生島大神」(いくしまのおおかみ、生嶋大神)「足島大神」(たるしまのおおかみ、足嶋大神)「大物主大神」(おおものぬしのおおかみ)。
延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳における祭神の記載は2座。同帳では「難破坐生国咲国魂神社二座」と記載されるが、その社名は「難波に鎮座する生国魂神・咲国魂神の社」という意味になり、同帳のうえでは祭神は「生国魂神」と「咲国魂神」の2神になる。現在の祭神である生島神・足島神は、その2神と表記は異なるが実体は同神とされる。かつて祭神の本地仏は薬師如来とされ、現在も元神宮寺の法案寺南坊では本尊に祀られている。
延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳における祭神の記載は2座。同帳では「難破坐生国咲国魂神社二座」と記載されるが、その社名は「難波に鎮座する生国魂神・咲国魂神の社」という意味になり、同帳のうえでは祭神は「生国魂神」と「咲国魂神」の2神になる。現在の祭神である生島神・足島神は、その2神と表記は異なるが実体は同神とされる。
かつて祭神の本地仏は薬師如来とされ、現在も元神宮寺の法案寺南坊では本尊に祀られている。
祭神とする生島神・足島神の2神は、『古事記』・『日本書紀』等の神話に記されない神々である。『延喜式』祝詞では生島御巫が生国・足国の2神を祀ると記されるほか、『延喜式』神名帳では生島巫が神祇官西院で生島神・足島神の2座を祀ると記されており、平安京の宮中で「生島巫(いくしまのみかんなぎ)」という専門の巫女により奉斎される重要な神々であった。その神格については、『古語拾遺』に「生島 是大八洲之霊、今生島巫所奉斎也」とあるように「大八州」すなわち日本国土の神霊であるとも、またその国土にあるものを生成・充足する神々ともされる。


この生島神・足島神については、天皇の即位儀礼の1つである八十島祭(やそしままつり、八十嶋祭)との関わりが知られる。八十島祭は、新天皇による大嘗祭が行われた翌年、生島巫らが宮中から難波津に赴き、天皇の衣の入った箱を揺り動かすなどの神事を行う祭りである。史料上は平安時代の嘉祥3年(850年)から鎌倉時代の元仁元年(1224年)まで、約400年間の実施が認められている。八十島祭の目的は諸説あるが、一般的には生島神・足島神が主神であったとされており、この2神を祀ることで大八州の神霊を天皇の体に取り入れ、天皇の国土支配権の裏付けを企図するものであったとされる[9]。史料の上では八十島祭と生國魂神社の関係は明らかでないが、祭場・祭神からして生國魂神社の祭祀にも関わると考えられており、生國魂神社で行われていた「原」八十島祭が宮中に取り入れられて「宮廷」八十島祭になったとする説も挙げられている。




所在地 :大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9
アクセス:地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」から徒歩で3分








#じゃらん #じゃらんネット #観光 #観光スポット #神社 #社寺仏閣 #絶景
#Sakamoto119 #muragon