kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り

社寺仏閣巡りが好きです。特に神社が好きで関西を中心に廻っています。

社寺仏閣巡りの写真撮影(iPodtouchの使用)

社寺仏閣巡りのとき、写真撮影のためにいつも使っているiPodtouchの説明です。特にiPodtouchをお勧めしている内容ではないです。



これが毎日、4から5時間くらい使っているiPodtouch6です。もう1年以上使っていますが、故障もなく気分よく使っていますが、バッテリーの消耗もとてもはやいです。当初から1日1回は充電必要です。カメラを使わず、ネットだけ見るのではあれば10時間くらいもつと思いますが。。。デジタルカメラを持っていないので社寺仏閣巡りのとき、必ずこれをもって行きますが、カメラを20回くらい使うとバッテリーは半分くらいになります。なので、予備バッテリーをいつも持っています。それでもiPodtouchを使うのは、軽くて薄いので服の胸ポケットに入って、いつでもサッと撮れるのと、電話ができない以外はアイホンと同じなので、ネットがつながる場所であればその場でブログやSNSなどへ写真画像を投稿できるからです。画質はたいして良くないです。ブログやSNSへアップするには、これくらでいいかと思っています。天気がすごくいい日は、たまーに綺麗に撮れることがあります。(下記の鳥居と桜の写真)それでもデジカメよりは劣るでしょう。



この写真の神社の説明:【産湯稲荷神社】(うぶゆいなりじんじゃ) 住所:大阪府大阪市天王寺区小橋町3-1 桜の季節は綺麗ですが、それ以外の季節は目立つことなくひそりとしています。「真田の抜け穴」といえば、【三光神社】(さんこうじんじゃ)ですが、この神社にも「真田の抜け穴」と呼ばれるスポットがあります。NHKの歴史ヒストリアでも紹介されてました。



この皮製のケース(確か2500円くらいだったと思います。)はお勧めしません。手触りは良いのですが、すべすべし過ぎて滑って落としてしまいます。また、マグネット式の止める部分は、使っているうちに切れてしまいました。





これはiPodtouch6の1つ前の世代のiPodtouch5です。これも1年半くらい毎日、5時間くらい使ってましたが、バッテリーが完全にダメになって、予備バッテリーを接続したままでないと使えなくなりました。毎日、手荒い使い方をしていたにも関わらず、iPodtouch5はかなり丈夫iPodtocuhだったと思います。




iPodtouch6 (左側)iPodtouch5(右側)
基本的にiPodtouchは価格が高いと思います。量販店でもアップル製品は値引きしないし。中古でも2万円台です。中古は買ったことありませんが、バッテリーがどれほど消耗しているのはわからないので買わないほうがいいです。新品で1万円くらいなら、2,3個買うのですが。。




予備バッテリーはSONY製を使っています。色がピンクシルバーは気に入らないのですが、このカラーが売れ残ったようで大特価だったので買いました。この予備バッテリーも表面がつるつるし過ぎて、手から落ちてしまいます。対策として見た目は悪いですが、100円ショップで買った透明のゴムを切って適当に貼り付けています。カラー以外は気に入って使っています。この製品はもう売ってないと思います。


社寺仏閣巡りをしていると写真を大量に撮るし、動画を撮りたいときもあるし、予備バッテリーを持ち歩くことになります。iPodtocuhでデジタルカメラの代わりをするのは無理があるようです。iPodtouchでも動画を撮りますが、1分程度のものを5~6本撮ると本体のバッテリーは直ぐなくなってしまいます。





↓下記動画は、iPodtouch6で撮ってYouTubeにアップしたものです。この日、天気が良かったので、この画質は、まだ良いほうです。少しでも天気が悪い日は、動画の画質はまったくダメです。

信貴山 朝護孫子寺 福寅



こんな感じでiPodtouchを仕方なく使っているので、同じ機能でもっと安いものがあればそれを使おうと思います。






#むらごんブログ
#ムラゴン #Sakamoto119