kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り

社寺仏閣巡りが好きです。特に神社が好きで関西を中心に回っています。
#Sakamoto119

【北川神社】(きたがわじんじゃ)八尾市

【北川神社】(きたがわじんじゃ)八尾市 鳥居には「北川大神」となっています。 地元の人に尋ねると1年ほど前にこのような神社になったとの事です。しかしながら、由緒書きや案内板はなく、まだ未完成にように思えます。境内には、手水舎、観音様など全て真新しいです。また、境内の近くに磐座(いわくら)と呼ばれる巨石と、塚古墳が存在します。 場所:大阪府八尾市黒谷5丁目5 (撮影:2017/3/5)

朝鮮寺【安滝寺】(あんろうじ)八尾市

朝鮮寺【安滝寺】(あんろうじ)八尾市 「妙見寺」から歩いて3分ほどで朝鮮寺【安滝寺】(あんろうじ)に着きます。 建物は荒れ果てた状態です。しかしながら、禊をする場所、「白光龍王」、「山神大明神」などの石仏には新しいお供えものがあり、管理されているようです。 場所:大阪府八尾市黒谷5丁目(「河内妙見寺」よりさらに上へ徒歩約3分。) (撮影:2017/3/5) 朝鮮寺【安滝寺】(あんんろうじ)八尾市

朝鮮寺【河内妙見寺】(みょうけんじ)八尾市

朝鮮寺【河内妙見寺】八尾市 「元暁寺」(げんぎょうじ)がある川沿に沿って渡ると、朝鮮寺【河内妙見寺】(みょうけんじ)があります。ちょうど、黒谷の崖の上に立地しています。妙見堂と2階建ての建物の2棟が並んで建っています。他建物のところから階段を使って下の川へ降りると瀧行場と瀧堂があります。建物には住んでいる人はいないようです。 場所:大阪府八尾市黒谷5丁目98 (撮影:2017/3/5)

朝鮮寺【元暁寺】(げんぎょうじ)八尾市

朝鮮寺「元暁寺」(げんぎょう)八尾市 駐車場と思われるところに「元暁寺」(げんぎょうじ)と書かれた看板が立っています。このお寺は、元々、「妙見堂」という尼寺であったらしいです。このお寺は見た目は、普通の民家なので見つけ難いです。 この看板の前の細い道を上へ歩いて直ぐのところ、右側に橋があります。その橋を渡ると【河内妙見寺】(みょうけんじ)です。 場所:大阪府八尾市黒谷6丁目 (撮影:2017/3…

【産土神社】 (うぶすなじんじゃ)大阪市平野区

【産土神社】 (うぶすなじんじゃ)大阪市平野区 由緒、創建年等は不明です。もとは牛頭天王社と称し、1872年に現在の【産土神社】 (うぶすなじんじゃ)と改称し村社となりました。御祭神は、素盞鳴尊です。 旧社殿の棟札(屋根裏の柱に取り付け後世に記録を残す板札)に天保七年上棟の記述がありましたが、現在の社殿は1986年に建替えられたものです。管理は「志紀長吉神社」がしているようです。 また、この神社…

【天照皇大神社】( てんしょうこうたいじんじゃ)大阪市平野区

【天照皇大神社】( てんしょうこうたいじんじゃ)大阪市平野区 この神社の境内地に接する道は細く狭く、拝殿、本殿、狛犬、燈籠が狭い境内に建っています。詳しい由緒等は不明です。天照皇大神、春日大神、八幡大神の三座を祀っていましたが、明治5年産土神社に合祀され、明治13年7月に分離し、村社となったとのことです。 また、この神社の拝殿、本殿とよく似た【産土神社】 (うぶすなじんじゃ)が、近くの平野区長吉…

【成本廃寺】(なしもとはいじ)大阪市平野区

【成本廃寺】(なしもとはいじ)大阪市平野区 案内板が「安楽寺」の前にあり、次のように書かれています。 瓜破霊園北側の下水工事に伴って、瓦を含む東西方向に溝跡が見つかり、古代寺院の南限を画す溝と考えられ、字名から「成本廃寺」と命名されている。安楽寺から瓜破東小の辺りが寺院の中心と推定されている。(大阪府大阪市瓜破東2・4丁目) また、「安楽寺」の右横に地蔵尊があります。1998年に建てられた瓦屋根…

【成本天神社】(なしもとてんじんじゃ)大阪市平野区

【成本天神社】(なしもとてんじんじゃ)大阪市平野区 祭神 は、菅原道真、素戔嗚尊。由緒についての案内板があり、つぎのように書かれています。 「当社は創建すこぶる古く、孝徳天皇、大化年中(643-649)天神の尊像現れ社殿、之造宮して霊像を祀りしもの、天神社の期限となった。明治四十年九月、成本の村社天神社の御神霊は当時の瓜破天神社うりわりてんじんじゃに合祀されたまま今日に至ったものである。昭和六十…

【瓜破天神社】( うりわりてんじんじゃ)大阪市平野区

【瓜破天神社】( うりわりてんじんじゃ)大阪市平野区  この神社は瓜破小学校のすぐ東に鎮座しています。御祭神は、素盞嗚尊、菅原道真、平維盛。由緒について;「瓜破の歴史を記録し唯一現存する船戸録(天文元年、1736記)によれば、 孝徳天皇の大化年中(645~649)当地に居住された高僧、船氏道昭が、 5月晦日三密の教法観念の折、庵室に光る天神の尊像が現れたので、西瓜を割って霊前に供えた。 道昭は朝…

【西瓜破天神社】( にしうりわりてんじんじゃ)大阪市平野区

【西瓜破天神社】( にしうりわりてんじんじゃ)大阪市平野区 由緒、創建年代等は不明。慶長年間(1596~1615年)に耕作の都合で集団移住し作られた西川村(旧西瓜破)に氏神として祀られた天満宮がこちらの神社かと思われます。1910年に瓜破天神社に合祀されましたが、昭和になって分霊鎮座されています。 御祭神は、菅原道真。境内は狭いですが、参道があります。神社に隣接して「瓜破西 地域集会所・老人憩の…

【小松神社】( こまつじんじゃ)大阪市平野区

【小松神社】( こまつじんじゃ)大阪市平野区 由来について; 「瓜破の古書「船戸録」によると、この地に源氏の武士権守宗重の一子で湯浅七郎兵衛宗光という人が住んでいた。この宗光が安元の戦いの際、平重盛に危い命を助けられたことがあった。その後、平重盛は紀州の熊野浦に入水してこの世を去った。 このことを知った宗光は報恩のため自己所有の土地を寄進し、社殿を建て、その霊を祀り小松大明神と名付けられた。その…

凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

書籍:「凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩」を図書館で借りました。日頃よく訪れる大阪城や神社などが載っていて理解が深まります。大阪城を北端とする上町台地以外は、周辺全て海抜ゼロメートル地帯の低地が広がっており、河内湾のあった大阪は縄文時代には大部分が海の底。「砂州の上にできた大阪」の意味が分かります。

【石切不動明王】(いしきりふどうみょうおう)東大阪市

【石切不動明王】(いしきりふどうみょうおう)東大阪市 石切神社の上之社(かみのしゃ)へ向かう石切神社の参道の途中にあります。 水掛け地蔵を祀ったもので水を掛けて願をかけます。この場所で病気平癒や家内安全のご祈祷、先祖の供養などもしていただけます。 場所:大阪府東大阪市東石切長町2丁目1-6

【千手寺三福神】(せんじゅうさんぷくじん)東大阪市

【千手寺三福神】東大阪市 大阪府東大阪市東石切町にある「真言宗大本山 千手寺(せんじゅうじ)」 (別称 上之坊・光堂 真言宗大本山 千手寺 河内西国第十番霊場)の入り口右側に、【千手寺三福神】が祀られています。(毘沙門天、大黒天、弁財天) 所在地: 大阪府東大阪市東石切町3丁目3−16

【北向延命地蔵尊】(きたむきえんめいじぞうそん)東大阪市

大阪府東大阪市東石切町にある「真言宗大本山 千手寺(せんじゅうじ)」 (別称 上之坊・光堂 真言宗大本山 千手寺 河内西国第十番霊場)の入り口左側に、【北向延命地蔵尊】(きたむきえんめいじぞうそん)が祀られています。60センチ程の丸彫りの半跏姿の古い地蔵さんが居られます。 所在地: 大阪府東大阪市東石切町3丁目3−16

【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市③

【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市 正式名称は、「生駒白水山 釈王宗総本山 龍光寺」。御 本 尊は、「八大龍王尊 」(生駒の八大さん)御 開 祖は、「弘法大師 (空海)」 由来について; 標高642M、生駒山山頂に今を去る一千百有余年、弘法大師勅を奉じ高野山開創の砌り、河内の国額田郷(東大阪市 石切)に於て心身潔斉し、はるか東方を見るに八大龍王の霊感を受け山頂を尋ねるに、清水の流…

【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市②

【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市 正式名称は、「生駒白水山 釈王宗総本山 龍光寺」。御 本 尊は、「八大龍王尊 」(生駒の八大さん)御 開 祖は、「弘法大師 (空海)」 由来について; 標高642M、生駒山山頂に今を去る一千百有余年、弘法大師勅を奉じ高野山開創の砌り、河内の国額田郷(東大阪市 石切)に於て心身潔斉し、はるか東方を見るに八大龍王の霊感を受け山頂を尋ねるに、清水の流…

【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市 ①

【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市 正式名称は、「生駒白水山 釈王宗総本山 龍光寺」。御 本 尊は、「八大龍王尊 」(生駒の八大さん)御 開 祖は、「弘法大師 (空海)」 由来について; 標高642M、生駒山山頂に今を去る一千百有余年、弘法大師勅を奉じ高野山開創の砌り、河内の国額田郷(東大阪市 石切)に於て心身潔斉し、はるか東方を見るに八大龍王の霊感を受け山頂を尋ねるに、清水の流…

【興法寺】(こうほうじ)東大阪市

【興法寺】(こうほうじ)は、役行者が開基し、弘法大師空海が諸堂を整備したと伝説される寺院です。 伝説では、千手寺を開いて神並村(こうなみむら)にあった役行者は、生駒山の東に吉祥を表す雲がたなびくのを見て、氷室滝(ひむろのたき)という滝にちかづいてみると、そこに氷室権現という神があらわれて、「大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)」いわゆる「聖天(しょうてん)」像を授けられたといいます。平安初期は弘仁…

【水神明王】(すいじんみょうおう)/「弘法大師氷室瀧」東大阪市

【水神明王】(すいじんみょうおう)東大阪市 廃墟になっています。立入禁止のテープが張られています。祠、鳥居は朽ちており、建物には誰も住んでないようです。また、 石柱に「弘法大師氷室瀧」とあり、建物の奥に瀧が流れているようです。 場所:大阪府東大阪市上石切町2丁目 (鷲尾山興法寺より100mほど手前)