kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り

社寺仏閣巡りが好きです。特に神社が好きで関西を中心に廻っています。Instagram:https://www.instagram.com/kazuyoshi1000

【楢本神社】(ならもとじんじゃ) 奈良県生駒郡平群町

【楢本神社】(ならもとじんじゃ) 奈良県生駒郡平群町 式内社で梨本と吉新の氏神であるが、大正四年の神社調査書では、野間田明神または白山権現とも呼ばれたとある。社地は三十四坪で、南面した神社の広庭正面と右側面に参詣口がある。正面入口付近に鳥居と狛犬があり、東側入口にも鳥居と狛犬が並んでいる。 社前の割拝殿は、切妻造瓦茸で、通路の右側が板床、左が土間になっている。 本殿は桁行2.3m、梁間3m、朱塗…

【泉岳寺】(せんがくじ)東京都港区

【泉岳寺】(せんがくじ)東京都港区 私は趣味で関西中心に社寺仏閣巡りをしていますが、関東圏を中心に社寺仏閣、史跡、博覧会、旅行など多岐にわたって写真や記事を投稿されている小嶋さんという方がおられます。その方のホームページ『探検記録』(www.kojimablog.net)から【泉岳寺】(せんがくじ)の紹介です。 【泉岳寺】(せんがくじ)は、東京都港区高輪二丁目にある曹洞宗の寺院。青松寺・総泉寺と…

【地蔵盆】(じぞうぼん)大阪府八尾市

【地蔵盆】(じぞうぼん)は、地蔵菩薩の縁日。近畿地方を中心とする地域で盛んな行事です。厳密には毎月24日であるが、その中で特にお盆にも近い旧暦7月24日のものをいう。ただし、寺院に祀られている地蔵ではなく、道祖神信仰と結びついた「路傍や街角のお地蔵さん」いわゆる「辻地蔵」が対象となっています。期間は、当日の前日の宵縁日(旧暦7月23日)を中心とした3日間。 旧暦7月24日以外の地蔵菩薩の縁日の2…

【世良田東照宮】(せらだとうしょうぐう)群馬県太田市

【世良田東照宮】(せらだとうしょうぐう)群馬県太田市 私は趣味で関西中心に社寺仏閣巡りをしていますが、関東圏を中心に社寺仏閣、史跡、博覧会、旅行など多岐にわたって写真や記事を投稿されている小嶋さんという方がおられます。その方のホームページ『探検記録』(www.kojimablog.net)から【世良田東照宮】(せらだとうしょうぐう)の紹介です。 【世良田東照宮】(せらだとうしょうぐう)は、群馬県…

タイの【ワット・ロンクン寺院】Wat Rong Khun in Thailand

タイの【ワット・ロンクン寺院】Wat Rong Khun in Thailand 私は趣味で関西、特に大阪を中心として社寺仏閣巡りをしていますが、建築様式や文化、歴史的にも日本と関わりの深いアジアの寺院にも興味があり、機会があればぜひ訪れてみたいです。 今回はタイの【ワット・ロンクン】という寺院について書かれたブログの紹介です。このブログの著者は、「伊田武蔵」さんという方で、英語が不得意だったに…

【玉串川の桜並木】 大阪府八尾市

【玉串川の桜並木】  大阪府八尾市 市東部の住宅地を南北に貫いて流れる玉串川。昭和40年ごろから周辺住民が協力して植えた桜の苗木が成長し、春には約1000本のソメイヨシノが5キロメートルにわたって桜のトンネルを演出します。 【玉串川の桜並木】 ① 大阪府八尾市 【玉串川の桜並木】 ② 大阪府八尾市 【玉串川の桜並木】 ③ 大阪府八尾市 【玉串川の桜並木】 ④ 大阪府八尾市

アンビバレンス!社寺仏閣巡り

社寺仏閣巡りが好きなので図書館で地図が載っている本を借りることが多々あります。でもいつも本に載っている案内地図に対して、常にアンビバレンスを持つのです。又は、アンビバレントな気持ちになるのです。 なぜいつもそんな気持ちになってしまうのか。。先日、「古地図で歩く大阪」に載っている案内地図を見て、【泉尾神社】(いずおじんじゃ)へ自転車で向かいました。 アンビバレンス(ambivalence):ある対…

【神戸南京町】と【神戸ルミナリエ】

【神戸南京町】は、神戸市中央区の元町通と栄町通にまたがるエリアの通称で、正式な地名ではない。横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられ、東西約200m、南北110mの範囲に100あまりの店舗が軒を連ねる。 【神戸ルミナリエ】は、神戸市の旧居留地において、1995年から毎年12月に行われている祭典または電飾されている場所を指す。阪神・淡路大震災の発生を契機に鎮魂と追悼…

2017年 初詣 / 社寺仏閣巡り(6か所)

初詣① 【楠木大神】(くすのきだいじん) 樹齢500~600年と言われているクスノキ。小さい祠(ほこら)には、陶器製のヘビの置物が祀られています。この場所にはかつて「本照寺(ほんしょうじ)」というお寺があり その境内に在った御神木でしたが、昭和13年の戦時中に行われた道路の拡張工事によって現在の状態になっています。今回は元旦なので交通量が少ないですが、平日の撮影は注意が必要です。(1月1日撮影)…