kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り

社寺仏閣巡りが好きで神社をメインに関西地方を廻っています。Instagram:https://www.instagram.com/kazuyoshi1000

【益田岩船】(ますだのいわふね)奈良県橿原市白橿町 / パワースポット (3/3)

【益田岩船】(ますだのいわふね)は、奈良県橿原市白橿町にある石造物。奈良県指定史跡に指定されている(指定名称は「岩船」)。亀石や酒船石などと並ぶ飛鳥の石造物の1つで、その中でも最大のものである。形状については、橿原ニュータウン内、白橿南小学校の西の丘陵(岩船山)頂上付近の斜面にある。東西約11メートル、南北約8メートル、高さ約4.7メートル(北側)の台形状の花崗岩で、東西の側面はほぼ垂直に切り立っている。上部から側面にかけて幅1.6メートルの溝が東西に掘られている。この溝に1辺1.6メートル深さ1.3メートルの方形の穴が、1.4メートルの間隔を開けて二つくり抜かれている。岩の重さは約160tから500~600tなど諸説あり、かつては他から運ばれて来たという説もあったが、現在では最初から今の場所にあったと考えられている。また、下部には深さ10センチほどの格子状の溝が彫られているが、これは表面を平らにするための加工法と見られる。
この巨石である【益田岩船】(ますだのいわふね)関しては文献などが残っておらず確かなことは不明だが、江戸時代には観光地として存在が知られていた。岩の加工法や穴の尺などに古墳時代最末期の特徴が見られるため、7世紀頃の建造と推定されている。


住所:奈良県橿原市白橿町8丁目20−1
アクセス:近鉄吉野線岡寺駅下車、西へ約1km、徒歩で約20分


山道を5分程度歩きます。雨の日やその翌日は足元がかなりぬかるみます。運動靴を履く必要があります。夏はかなり多くの蚊が飛んでいますので虫除けスプレーなど、防虫対策が必要です。



【益田岩船】(ますだのいわふね)奈良県橿原市白橿町

【益田岩船】(ますだのいわふね)奈良県橿原市白橿町


👇土曜日だったので集会所の駐車場に停めることができました。平日は停めることができるかどうか不明です。




【Masuda-no-Iwafune / 益田岩船】 (Rock Ship of Masuda), near the top of Iwafune hill, is the largest carved stone object in the Asuka region. It is a huge boulder inferred to weigh 800 tons, with two square holes opened on the top. Clearly worked by human hands, it is not known who made it, when, or for what purpose.
The true nature of this rock has long been debated. Various theories have emerged, such as its being equipment for ancient people’s astronomical observations, or the pedestal for stone inscriptions, but recently the most favored view is that it was abandoned in its original position in the midst of making it into a stone burial chamber. As there are fissures on the rock’s circumference, it may be that it was abandoned when these were noted during the work.




Access: about 1 km to the west or about 20 minutes on foot from Kintetsu Yoshino Line Okadera Station


Address: 8-20-1 Hakusucho, Kashiwara-shi, Nara Prefecture







【阪本研究所】SK laboratory
  代表 Kazuyoshi Sakamoto